メイン画像
記念切手買取.com|人に教えたくない口コミ【期間限定】公開中! TOPココはおさえておきたい >切手買取不可

切手買取

どのような切手が買取不可なのか。

記念切手を買取してほしい!と思った方は、ぜひ一度記念切手の状態を確認してみてください。 状態の良い記念切手はありますか? 中には状態が悪くなっているものもあるはずです。 特に昔の切手などは良い状態で残されていることのほうが珍しいもの。 せっかく稀少価値の高い切手であっても、状態によっては買取をしてもらえないという最悪のケースもあります。

記念切手は通常の普通切手よりも買取金額が高いということをご説明してきましたが、 「買取額が高いということはその分査定もとても厳しいのではないか・・・」と不安視する方もいらっしゃることでしょう。

切手を売る場合にどのような状態が買取不可なのかを調べてみました。

・使用済み切手

裏面の”のり”があってこその切手です。 また、使用済みのものは消印が押されている場合が多いため、買取査定額に大きく影響があります。

・汚れ、やぶれ

切手も紙なので、経年劣化によって汚れたりやぶれたりしているものも多いと思います。 なるべく絵柄の部分がきれいな状態のほうが、買取査定額も大幅にアップするでしょう。 なるべく保管状態に気をつけて、空気に触れにくくしておくことが重要のようです。

・印刷面がはがれている

額面の確認ができないため、おそらくどの業者も買取をしていないはず。 傷みのひどさはコレクターに好まれない傾向が関係しているそうですよ。

とはいえ、特に稀少価値の高い記念切手に関しては多少の破損や折れ、変色などがあったとしても買取可能となる場合も。 買取業者によってそのあたりの基準は異なるので、確認してみることをおすすめします。

やはり状態が良い記念切手であればあるほど高額査定を付けてもらいやすいのは事実です。 査定士が見ている切手の状態とは、

・使用の有無

・汚れ

・やぶれ

・消印の有無

などがあると言われています。 これらの状態が良ければよいものであるほうが、良い切手として認定されやすいということですね。 また、使用している切手よりも未使用のほうが当然買取額もグンとアップします。

場合によっては状態のよくない記念切手を買取してもらえない(不可)というケースもあります。 残念ながら価値のある切手だと認めてもらえなかったという残念な結果となるでしょう。

ただし、業者によっては記念切手であれば多少の破損や折れたもの、変色してしまっているものでも買取をしてもらえるケースがあります。 こちらは業者で決められていることなので、査定依頼をする際に確認しておくとよいかと思います。 そして、他社で断られてしまった切手であっても買取ってくれることもよくあることなので、一緒に確認してみましょう。