メイン画像
記念切手買取.com|人に教えたくない口コミ【期間限定】公開中! TOPココはおさえておきたい >記念切手プレミア

切手買取

プレミア度の高い切手をご紹介

記念切手はプレミアがつくのか、知りたいという方も多いはずです。 はっきり言って、「記念切手はかなりプレミア度が高い」と言うのが答え。 特に昔の記念切手ほど流通量が少ないため、コレクターでさえも持っていない可能性が高いので、高額買取の対象商品となっている業者がほとんどです。記念切手には普通切手同様、さまざまな種類があります。 どのような記念切手が買取可能なのか、特にプレミア度が高いものを抜粋してご紹介しています。 以下に、プレミア記念切手の一部をご紹介したいと思います。

・昭和立太子礼 10銭 「かんむり」

・北斎100年 小型シート(1948年)

・昭和大礼 鳳凰・大嘗宮(1928年)

・赤十字共同募金 小型シート(1948年)[写真]

・日本国際見本市記念切手シート(1954年)

・満州国皇帝御来訪 記念切手 四種完(1935年)

・伸びゆく電気通信展 小型シート (1949年)[写真]

・大正婚儀 (1900年)

・関東局始政30年 三種完 (1936年)

・日米修好通商100年 小型シート (1960年)[写真]

・名古屋逓信展 小型シート (1948年)

・四国切手展 小型シート (1948年)

・国際文通週間「蒲原」 (1960年)[写真]

・第二回国体 田型 (1947年)

などが挙げられます。

他にもプレミア切手として”切手趣味週間”のものも。 こちらはバラでもかなりの高額査定が付けられることでも知られています。

・ビードロを吹く娘(1955年) ・市川海老蔵(1956年) ・写楽(1956年) ・月に雁(1949年)

[写真]

などは非常に稀少価値が高い切手として知られており、また切手趣味週間の代名詞的存在と言えるでしょう。

どちらも場合も、明治・大正時代に発行された切手は発行部数そのものが少ないためかなり稀少性が高いようです。

1960年以前の記念切手が多くみられ、古いものほど価値が高くなっている傾向にあるようですね。

記念切手以外にも”特殊切手”と呼ばれる種類のものもあります。 1965年にはじまり、2015年で50周年を迎える切手だそうで、こちらもプレミア度が高くなっているのだとか。

古切手も非常に稀少価値が高く、日本初の記念切手「明治銀婚(2銭)」や「日本初の小型シート」なども高額買取対象商品です。

このように、切手にはみなさんが思っている以上の高額買取をしてもらえる切手がたくさんあります。 お手持ちの切手の中にも、お宝が眠っているかもしれませんよ!