メイン画像
記念切手買取.com|人に教えたくない口コミ【期間限定】公開中! TOPココはおさえておきたい >切手換金

切手買取

記念切手などを換金する方法は?

記念切手などを買取してもらおうと思ったときに、一番に考えること。 それは、「郵便局で換金してもらえるのではないか?」 購入したのが郵便局だから、払い戻しもしてもらえるのではないかと考えるのは自然な流れです。

ところが、郵便局では一切の切手を買取していないとのこと。 つまり、郵便局で切手を売ることはできない、現金での払い戻しは行っていないそうです。切手換金はできないのです。

このことは郵便局の公式ホームページにも掲載されていることで、意外だと感じた方も多いのではないでしょうか。 あくまで郵便局が行っているのは”交換”。 しかも、額面の部分が汚れていないものややぶれていないもの限定で、所定の手数料(1枚に付き5円)もかかります。 ただの交換であってもお金がかかるとなると、なかなか利用しようとは思えないですよね・・・。

そうなると、切手買取をしてもらう場合には、やはり専門業者を利用するしか方法はないようです。 切手の種類によっては額面割れをしてしまう可能性もありますが、換金をしたいという方にとっては選択肢はないといえるでしょう。

とはいえ、優良切手買取専門店を利用すれば買取価格もご満足いただけると思うので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。 もちろん、買取にかかる費用は一切ありませんから、より気軽に利用することができますよ。

記念切手をはじめとする切手は、料金前納を証明する証紙であるということなので、お金と同等の価値があります。 大量に購入したものの使い道がなく困っている切手、または収集してきた数々の切手コレクションも、お金に換えてもらうことができるはず。

ということは、切手を販売している郵便局で額面と同じ金額に両替や換金をしてもらうことができると思いがち。

ですが、答えは「No」。

郵便局での換金や払い戻しは行われていないのです。 あくまで切手は切手として利用するしかないということですね。

ただし、切手そのものは

・有効期限の定めがないため、いつでも利用することができる

・違う券種への交換が可能(ただし所定の手数料を支払う必要あり)

ということが決められています。

後者の違う券種とは、たとえば

・通常切手、特殊切手→通常切手、その他の郵便はがき、郵便書簡、特定封筒

と言う風になるとのことです。 切手からお金にということは、郵便局では行われていないということになります。

ということは、切手を現金化するにはやはり切手買取専門店をはじめとする専門買取業者で買取ってもらうしか方法はないみたいですね。

しかも切手買取専門店でも買取額に大きな違いがあるので、じっくりと吟味して業者を選ぶ必要がありそうです。

[写真][写真]