メイン画像
記念切手買取.com|人に教えたくない口コミ【期間限定】公開中! TOPコレは知らなきゃ損! >高額切手

切手買取

高額切手とは、このようなものです

このページでは、具体的にどのような記念切手がプレミア切手、高額切手となっているのかを、詳細や金額も含めて紹介しています。具体的な高額査定を付けられることが多い記念切手やその他の高額切手をご紹介しています。 もしお手持ちの切手の中にあれば、とてもラッキーですよ! お手持ちのコレクションの中に含まれていないか、一度探してみてください。

・明治天皇・皇后の結婚25周年を記念して発行

[写真]

日本最初の記念切手として発行されたものです。 別名、明治銀婚記念切手とも呼ばれています。 発行は1894年、当時の普通切手の約2倍の大きさで話題になりました。 赤色と青色の2枚セットであれば、価格も買取最高額でおよそ3640円程度となります。 額面金額は2銭ですので、かなりの高額切手ですね。

・桜切手(二十銭・赤紫色)

現在の切手の原型となった桜切手は、1872年に発行されました。 切手業界に革命をもたらしたそのデザインは、今も受け継がれています。 使用済みの切手がわずか20枚程度しか発見されておらず、20銭で売られた桜切手の買取額は3億円と言われているほど。 これは破格の高額切手といえます。超プレミア切手の一種でまさに幻の切手です。

・竜銭切手(壱銭・第三版)

[写真]

桜切手同様1872年に発行されました。 ところが、発行後わずか数か月で次の切手の発行が決定し、廃盤に。こちらの切手は発行期間が非常に短かったため、流通量が少なかったようです。それにより稀少価値がかなり高くなったため、高額買取がされているとのこと。 壱銭切手の竜銭切手は、買取価格が150万円程度となっています。

・大正婚儀 3銭(1900年)

[写真]

大正天皇の皇太子時代の婚礼記念。

・鳥切手 12銭・八(1975年)

中央に”カリ(雁)”が描かれた切手です。

・産業図案切手(1948~1949年)

当時の主要産業だった製鉄と炭鉱で働く人がモデルになった一枚。 普通切手の中でも特に高額査定となるようです。 普通切手なので未使用の数が極端に少ないのが要因とのこと。

などがあります。 特に桜切手と竜銭切手は億単位の買取価格が付けられるといった信じられない現象が起こっているほどです。

他にも実際に取引されているものとして、

・東京オリンピック切手(1961~1961年)

5円切手→300円前後で取引されています。 日本でのオリンピック開催を記念して発行されました。 この切手は未使用品よりも使用品のほうが価値が高いという、珍しい一品。

他にも・・・・・

・こどもの日 (5円切手→105円)

・郵便創始80年 (1円切手→315円)

などがありますよ。