メイン画像
記念切手買取.com|人に教えたくない口コミ【期間限定】公開中! TOPコレは知らなきゃ損! >中国切手買取

切手買取

外国切手の中でも、中国切手は高額です

切手には普通切手や記念切手がありますが、それは日本で使うことができるものですよね。 外国にも数多くの切手が存在しており、”外国切手”というジャンルまであるほど、コレクターの方には人気なんだとか。

外国切手の特徴として、 ・美術品としての価値がある ・稀少性が高く、日本に流れてくる機会が少ない といったことから、相当な高額で取引されていることがほとんどなんだそう。

外国切手は本当にさまざまな国のものを指すことができるのですが、特に高額買取の対象商品となっている切手は「中国切手」です。 特にここ数年、切手買取市場を活気づけている要因が、まさに中国切手! 近年まれにみる中国経済の急成長により、中国切手の価値が高騰しているそうですよ。 さらに、昔の中国切手は輸出が禁止されていたこともあり、稀少価値が非常に高くなっています。

中国切手の中でも最もプレミア度が高い切手が、”赤猿”です。 こちらは、1980年に発行された年賀切手で、シートではなくバラであっても驚くほどの高額査定を付けてもらえるので、まさに一級品と言えるでしょう。

他にも”中国全土は赤い”という名前の切手や、文化大革命時代に発行された切手も高額買取をしてもらえる可能性が高いですよ。

[写真]

記念切手の中でも、中国切手と呼ばれるジャンルの切手は非常に高額買取の可能性が高いと言われています。 昔の中国切手は日本に入ってくる数が極端に少なかったため、所持している人が非常に限られていたことが理由なのだそう。

また、現在の中国経済の急成長に伴い、中国の富裕層の方がコレクションなどのために中国切手の収集に力を入れているようなので、価値もぐんと上がっているのだとか。 一例を、以下にご紹介しています。

・牡丹小型シート(1964年) 中国の特殊切手の一種として発行されました。

[写真]

・梅蘭芳舞台芸術小型シート(1962年) 中国京劇の人気女形俳優が図案に描かれています。

[写真]

・毛主席の詩(1968年) 中国の文化大革命中に発行された切手です。 文化大革命のイメージカラーだった赤を基調としたものが多いことが特徴。

・オオパンダ(2次)6種完(1973年) さまざまなパンダの絵が描かれた切手が全6種類あります。

・年賀切手(申)(1980年) 中華人民共和国初となる年賀切手です。 通称”赤猿”という名前で市場に出回っており、中国切手の中でも最も有名で価値の高い切手として知られていますよ。

中国切手以外にも、”外国切手”も美術品としての価値が高いことや稀少性の高さのために高額買取がされています。 特にオーストラリア切手、ドイツ切手、モザンビーク切手が人気のようです。