記念切手買取.com|人に教えたくない口コミ【期間限定】公開中!

人に教えたくない口コミ【期間限定】公開中!

*

記念切手価値

 

意外なことが記念切手の価値をあげる!

切手買取

記念切手の価値は普通切手と違ってかなり高いとされています。流通量が少なく、またきれいな状態で残されていることがほとんどないからであることが理由として挙げられるでしょう。普通切手の場合、買取をしてもらうと額面割れをしてしまうことも決して少なくはありません。ですが、稀少性の高い記念切手ですとその価値はグンと上がり、高額で買取をしてもらえる可能性が高くなるということですね。

記念切手の中でも特に昭和40年代前、つまり戦前のものであればかなりの高額買取が期待できます。

今出回っている記念切手は昔のものであっても戦後から昭和50年代以降のものがほとんど。この時代は切手ブームが到来し、記念切手を求めて郵便局に長蛇の列ができるほどの人気ぶりでした。これらはすでに多くのコレクターが収集していることもあって、戦前の切手ほどの価値はありません。

なので、戦前の切手があるという方は、まさに今が売り時!と言えるのかもしれませんね。さらに、記念切手は同じ物であっても色が違うというだけで価値が変わると言われています。同じ記念切手でも色によって発行部数が異なっており、市場に出回っている切手の少ないほうが価値が高まるということです。

記念切手は通常の普通切手よりも何倍もの価値があると言われています。記念切手が発行されるタイミングは、「国民的行事が起こった時、その記念として」というのが一般的なもよう。ほとんどの記念切手は枚数を限定して販売されており、切手によっては販売している郵便局まで限定されているほど。つまり、記念切手であるというだけですでにプレミア切手であると言えるでしょう!

また、特にプレミア度の高い記念切手は、切手の一大ブームが沸き起こった昭和40~50年以前のもの。ブームになる前の記念切手は稀少価値が非常に高く、流通量も多くなかったため、現在高額買取の対象商品となっているというわけですね。他にも、「切手趣味週間」と呼ばれる記念切手も流通量が非常に少なく、プレミア切手として知られています。同類のものですと「国際文通週間」「逓信展」なども同様にプレミア度がとても高いですよ。

古切手でも記念切手であれば一度査定をしてみる価値はあります。

信じられないほどの高額査定を付けてもらったという方はとても多いそうです。ちなみに、ここ最近で発行されたプレミア記念切手として知られているのは、”2005年の愛・地球博パビリオン版シート9種”というものです。こちらはとある地方でのみ限定的に販売されたものなので稀少価値がとんでもなく高く、さらにこちらと合わせて全国版1種をセットにしたものが3倍近くに買取額を上げているのだとか。

公開日:
最終更新日:2018/02/27