メイン画像
記念切手買取.com|人に教えたくない口コミ【期間限定】公開中! TOP最初に知っておきたいポイント >記念切手買取相場

切手買取

記念切手と普通切手の相場をご紹介!

残念ながら、年々切手買取の換金率、つまり買取相場価格は低下しています。 その原因として、 ・切手ブームが去ったこと ・それにともなって切手コレクターの人数が減少していること ・メールやWEB、さらにLINEなどが普及して手紙を送る機会がなくなってきたこと などがあるでしょう。

一般的に、切手の換金率の相場、切手買取相場は店舗によって異なり、さらに時期も大きく影響していると言われています。 一例として、とあるショップの切手換金率は以下のようになっているとのこと。

・普通切手シート50円未満 76% ・普通切手シート50円以上 85% ・記念切手シート50円未満 75% ・記念切手シート50円以上 80% 意外にも、記念切手シートよりも普通切手シート50円以上が最も高い換金率となっています。 ですが、実はここに思いがけない事実が! そう、”プレミア価値”です。 記念切手は種類によってはプレミアがあると判断され、通常の買取額に上乗せされた査定結果がつけられるのです。 なので、上記の記念切手シートの数値はあくまで”多くの人が持っている普通に流通している記念切手シート”だと思ってください。

ただ、記念切手も普通切手もバラになるとやはり換金率がかなり落ちます。 できるだけシートで残しておくほうが買取相場も高くなるようですね。

記念切手の買取相場をご存知ですか? 通常の普通切手よりも流通量が少ないため、買取相場は自然と高くなる傾向にあると言われています。 また、昔の記念切手であるほど高値がつく傾向にあるとも。 やはり切手収集を趣味としている人はプレミア切手を求めることが多いので、その方々の需要に合わせて相場も上昇しているという見方もできます。 今も昔も切手コレクターはたくさんおり、少しでも珍しいものは高値を出してでも持っておきたいと考える人が増えているのでしょうね。

特に買取相場が高くなると言われているのは、1955年以前の記念切手だと言われています。 このころに登場した記念切手は

・ビードロを吹く娘

・市川海老蔵

・月に雁

[写真]

などプレミア記念切手としてメジャーなものが非常に多く、どこの切手買取専門店でも額面以上の買取査定を付けているところがほとんど。 切手は郵便局で換金できないため、使用する機会がなければ切手買取専門店を利用することが一番おすすめなのです。

記念切手以外ですと

・切手趣味週間

・外国切手

なども額面以上の査定額を付けてもらえることが多いようなので、お手持ちの切手コレクションの中に該当する記念切手がないかどうか、チェックしてみてください。